激おこぷんぷん丸(!)→→→血糖値急上昇

タイトルが女子高生みたいで大変申し訳ないが
もはやこのワードも死語と化している、と知って
それならば、いっそのこと使わせて頂きたい!と
思い、おもいきってみた。


悪しからず。


ストレスによって血糖値がグイグイ上がった、
ということを前回の記事にチラリと書いたけれども。。


実は、私はお隣さん問題というのを常に抱えている。


これは精神衛生上、非常によろしくない、と
認識している。


今はコロナでめっきり・・・ということで
ほっとしているが(!)
なにせ、お隣さんのことで
いつも頭を悩ませている。。。


お隣さんとはうわべでは大人の付き合いなのだが
私の内心は、心穏やかではない。


というのも、お隣さんは
大のバーベーキュー大好きファミリーなのである。


とにかく、季節を問わず一年中
家族だけでなく、いろんな人を呼んでは
身内でワイノワイノと楽しんでいる。


それで、肉を焼くその煙で
洗濯物はもちろん、我が家の室内にも煙ったくなるのである。。


そして、ワイワイガヤガヤが11時くらいまで続く。


お子さまもいる時は恒例の花火大会である。


ここは住宅街であって
川岸やキャンプ場では決してない!


不機嫌な女子高生風に
「ちょっと!すんごい迷惑なんですけどぉ!」なんて
気のちんまい私が言えるはずもない。。


というわけで、ある夏の夜、
お隣さんのバーベキュー大会で盛り上がりをみせていた8月8日。


ストレスMAXの時に測定したところ
ご覧のような恐るべき値が出た。


f:id:greeter0127:20200528234913j:plain


食後ではあったが
これは明らかにお隣さんのバーベキューに
原因がある。


その当時の日記にも
腹をたてている己のなぐり書きが確認されている。


いろいろと調べた結果、こういうことがわかった。

人は強いストレスを感じると
コルチゾールというホルモンの分泌が増えるらしい。


このコルチゾールは血糖値を上昇させる作用があり、インスリン抵抗性を引き起こすホルモンの分泌も増やすとのこと。


おぉ、なんという・・・


ストレスを強く感じているとき
可能な状況であれば
是非とも血糖値を自己測定してみてほしい。


ストレスが血糖値の数値に
ダイレクトにに直結していることを
痛感せずにはいられないはずである。


血圧が上がる、というのはよく聞くが
血糖値までこんなに上がるなんて驚きである。



いっそのこと引っ越してしまえば


このストレスフルな住環境が
まさにストレスフリーになって
私の血糖値コントロールもうまくいくのだろうか?


うーん現実的にはムツカシイ・・・


あ、でも今、
コロナでバーベキュー大会はパッタリだから
しばらくはストレスフリーか♪