検証1 バナナは血糖値スパイクを起こすのか?

バナナというと今から10年近く前に
朝バナナダイエットというのが大流行して
スーパーにも青果店にもどこにもバナナがない!
という社会現象が起こった。

f:id:greeter0127:20200518020458j:plain


当時、クリスチーネという名前の外国人の女性と
電話で英語レッスンを受けていて

彼女が「いつも朝に食べてるバナナがなくて困っている」

「高齢者の生徒さんもいるが、バナナがなくて食事に困っていると言っている」
と嘆いていた。


そして、朝バナナダイエットのブームは去り、
また再びバナナがスーパーにも姿を見せるようになったのを覚えている。


友達が朝バナナダイエットをしていたらしいが
効果はあまりなかった、と言っていた。


そんなバナナだが

南国のフルーツだし
どうしても高血糖になりやすそう・・・

血糖値スパイク間違いなかろう・・・

私にとって、バナナはそんなイメージでしかない。

あのビビッドな血糖値スパイクを
叩き出した焼き芋のような

https://www.risheco-france.work/entry/2020/04/09/235900


というわけで、バナナをまるごと1本食べるのは
恐怖でしかなかったので

重量が40グラムになるように
キッカリはかって血糖値測定をすることにしてみた。

バナナ約半分の量である。


これで糖質は9グラム


ちなみに
バナナのグリセミックインデックス値(GI値)は

55

とのこと。
(※GI値・・・血糖値の上がりやすさを数値化したもの)


低くはない、むしろ、50越えているので要注意




糖質が9グラムとはいえ、GI値の高さで
血糖値スパイクがグインとくるかもしれない。


そう不安を感じつつ血糖値測定


食前

f:id:greeter0127:20200518020515j:plain



そして、食後約1時間後

f:id:greeter0127:20200518020541j:plain


実は、バナナ40グラムを食べてから
近所を軽く歩いた。

血糖値の上昇が少なくて驚きである


今日の結果からすると

バナナはさほど怖がらなくてもいいフルーツなのかもしれない。


次回は1本食べて測定してみようと思う。