血管を強くする秘策 ○○○○を取り入れる

境界型糖尿病の私が最も恐れている血糖値スパイク


この血糖値スパイクを繰り返すことにより
メタメタに血管を傷つけて
ひいては、あらゆる病を引き起こすことになる。


そのことは重々承知している


だけれども、人間だもの・・・
どうしたって糖質過多な日だってある。


聖人君主ではないのだから


とはいえ、やっぱり

血管にとって少しでもダメージを避けられるようにしたいもの。


そこで、私がせっせと摂取しているものがある


少し前まで結構、積極的に摂取していたのに
うっかり遠のき、最近また、リトライしている。



それは・・・


なんだか東洋的な独特なあのフレーバー

そう、シナモンである


実は、正直なことを言うと
シナモン、そこまで好きではない


好き好んで口に入れたい、とは思わない


だがしかし、直近の健康診断で
ヘモグロビンA1cの数値が一時的に下がった


それが、このシナモンのおかげだったのか
なにか別の食べ物のおかげだったのか
よくわからない。


だけれども、直近の健康診断のヘモグロビンA1cを測定する前の数ヵ月に、
意識してせっせとシナモンを入れたヨーグルトや豆乳を食べていたことは明らか


その後、シナモンが切れたことで
次のシナモンを購入するのが
のびのびになってしまい、2ヶ月ほどブランクが空いてしまった。


以前の記事で健康診断の記事をアップしたが
あの時のヘモグロビンA1cは5.7で
その前の健康診断の時は実は5.8だった。


果たして、次のヘモグロビンA1cはどうでるか?
(5.8→5.7→?)



最後にシナモンのうれしい効果について調べたので
ご紹介しておきたい


★シナモンには、毛細血管を修復する効果が!

毛細血管はストレスや加齢によってもろくなりやすい。
ところが、シナモンに含まれるシンナムアルデヒドには、メタメタに傷ついた毛細血管を修復して、みずみずしい状態をキープする効果がある。


また、毛細血管を鍛え、強くするということは、女性に大敵の冷えの改善にもつながる。


★シナモンには血糖値を抑える効果がある。

2型糖尿病の患者さんにシナモンをとりいれた食生活をしてもらったところ
血糖コントロールの大きな改善が見られた。


★シナモンの独特の香りには心身ともにリラックスさせる作用がある。

また、記憶力を向上させる効果も期待できる。


★水分代謝を調節する作用があり、むくみ予防にもなる。



★毛細血管が傷つくことにより、血行不良、それが原因でできるシミやしわ、たるみの予防になる。
つまり、アンチエイジング効果になり得る。


シナモンは100均にも置いてあるし
気軽に食生活にとりいれやすい。


私のようにシナモンをさほど好きでもない、
という人なら
サプリとして位置付けてヨーグルトや豆乳、牛乳に混ぜてチャチャッと食べるのもいいと思う。


シナモンをとるだけで血管が強くなるというのなら
お安いご用


それで、シナモンのうれしい効果が得られ
血糖値コントロールもうまくいくなら
やる気もアップする


これから、しっかりシナモンを継続して摂取して
満を持して
次回の健康診断に挑みたいと思う。

(その際はまたしっかりとご報告させて頂こう)


ちなみに

シナモンの過剰摂取は×
1日当たり小さじ1弱の量が適量とのこと。